一句佳日 

一日一句、シンプルに「俳句」を鑑賞して頂くだけのブログです。
その日の自作の一句と、「お気に入りの句」を併載しています。

写真は一部以外、Webから拝借しています。

涼し


夕涼し亡き母の来てわが傍に

季語は「涼し」である。今の時期であれば、むし暑い日の
なかで思いがけず、吹き過ぎてゆく風、風鈴の音や流れる
水の音などに涼しさを覚えることがある。実体としての
暑さが薄らぐわけではないが、それらに涼しさを求める
行為が「涼み」である。秋になっての、気候としての
涼しさは、「新涼」といって別のもの。


涼しさに心の中を言はれけり    細見綾子 


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。