一句佳日 

一日一句、シンプルに「俳句」を鑑賞して頂くだけのブログです。
その日の自作の一句と、「お気に入りの句」を併載しています。

写真は一部以外、Webから拝借しています。

風鈴


嫁せし子の窓の風鈴ひとつ鳴り

暑い日が続いているが、ときおり耳にする「風鈴」の音色は
心地よく聞こえる。自然に吹く風を使って鉄やガラスなどの
鈴を鳴らし、それを聞いて「涼」を感じようとした先人の
アイデアは大したものだと思う。
風鈴は、その音もそうだが、軒先や窓辺に下がっているのを
見るだけで、情緒的になっていくようだ。
 
風鈴のどこかで鳴っている昭和    田中不鳴
 

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。