一句佳日 

一日一句、シンプルに「俳句」を鑑賞して頂くだけのブログです。
その日の自作の一句と、「お気に入りの句」を併載しています。

写真は一部以外、Webから拝借しています。

炎天


炎天の無音の中や誰か来る
 
季語「炎天」の傍題は「炎気」「炎日」「炎天下」がある。
歳時記には、夏の太陽が焼けつくように座を占め、燃えあがる
ような熱気に充たされている空である。鳥さえその暑さゆえに
飛ばず、炎天下の大地は人通りも減ってしまう。とある。 
季語、天文の部には他に「日盛」「油照」など、時候の部には
「炎暑」「極暑」がある。今年の夏のこの暑さを、これらの
季語を使って、一句詠んでみてはいかがか。
 
火のような炎天人が黒くなり   秋田月歩
 

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。