一句佳日 

一日一句、シンプルに「俳句」を鑑賞して頂くだけのブログです。
その日の自作の一句と、「お気に入りの句」を併載しています。

写真は一部以外、Webから拝借しています。

ゆく夏


ゆく夏の役目を了へし千羽鶴
 
もう8月も終り夏も終る。終る、果てるの語には物悲しい
思いがつきまとう。猛暑で大変ではあったが、去り行く
夏は惜しまれる。
揚句の「千羽鶴」は、高校野球の応援用の物のつもりで
詠んだが、病床等をイメージした悲しい句だともとれると
指摘された。 景が見えない句ということだろう・・ 
西日射す部室に下がる千羽鶴 この句はどうだろうか・・


泉の底に一本の匙夏了る  飯島晴子


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。