一句佳日 

一日一句、シンプルに「俳句」を鑑賞して頂くだけのブログです。
その日の自作の一句と、「お気に入りの句」を併載しています。

写真は一部以外、Webから拝借しています。

赤のまま


赤のまま母は叱らぬひとでした

季語は「赤のまま」。山野や路傍に自生し小粒の紫紅色の
花を咲かせる。この粒状の花を赤飯にみたて、ままごとに
使って遊んだことから、赤の飯(まんま)ともよぶ。 
 「赤まんまの語から浮かぶ映像には、ままごと、赤飯、
メルヘンなど。これらのイメージがそのまま結晶し物語と
なったような一行詩。サトウ・ハチローを思い出させる。」
いただいた句評・・
 
人なぜか生国を聞く赤のまま   大牧広
 

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。