一句佳日 

一日一句、シンプルに「俳句」を鑑賞して頂くだけのブログです。
その日の自作の一句と、「お気に入りの句」を併載しています。

写真は一部以外、Webから拝借しています。

月白


月白のことりと置かる裁鋏
 
季語は「月白(つきしろ)」、「月代」とも書く。
月が昇る前に、東の空が白々と明るくなる様子をいう。芭蕉の
句、「月代や膝に手を置く宵の宿」では、月見の客が十五夜を
待ち焦がれる思いが込められている。色彩でいうと月白(げっ
ぱく)と呼ばれ、月の光を思わせる薄い青みを含んだ白色の
ことをいうらしい・・
 
月白をただぼんやりと家族かな    伊藤淳子
 

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。