一句佳日 

一日一句、シンプルに「俳句」を鑑賞して頂くだけのブログです。
その日の自作の一句と、「お気に入りの句」を併載しています。

写真は一部以外、Webから拝借しています。

秋夕焼


秋夕焼いつも思ひ出つれてくる

俳句で「夕焼」といえば夏の夕焼けをさすが、それは夏の
夕焼けが、秋などに比べ鮮やかで大きいからである。
「秋夕焼」として秋の季語になるが、色合いも寂しくなり、
落ちる時間も早い。したがい詩歌的には、季節への情趣は
より濃くなり、いろいろな思いが隠るものになる。
 
父母ら秋夕焼にまぎれこむ   松澤昭


 

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。