一句佳日 

一日一句、シンプルに「俳句」を鑑賞して頂くだけのブログです。
その日の自作の一句と、「お気に入りの句」を併載しています。

写真は一部以外、Webから拝借しています。

草の色


いつ来てもやさしと思ふ草の色

季語は「草紅葉」の傍題で「草の色」。
これから秋が深まると草原や原っぱの草も紅葉する。
樹木の紅葉ほどの華やかさ、存在感はないが、静かな
風情があり露や霜の景色になれば一層の趣がでてくる。
揚句の季語「草の色」は、「草紅葉」でもよかったが、
「やさし・・」には、草の色が合うと思った。


草々の力尽せし紅葉かな  藤本安騎生


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。