一句佳日 

一日一句、シンプルに「俳句」を鑑賞して頂くだけのブログです。
その日の自作の一句と、「お気に入りの句」を併載しています。

写真は一部以外、Webから拝借しています。

鳥雲に


鳥雲に人は三度の飯を食ひ
 
北に帰っていく鳥たちは雲に入るように見えることから、春の
季語「鳥雲に入る」ができた。この春も、鳥たちが北へ向かって
帰っていく。雲の彼方に消えていく鳥の姿を見送っていると、
自然界の一つの生命や、生活のサイクルが終わっていくという
思いに駆られることになる。 
一方、人間下界は日々変わらぬ生活が営々と送られている。
 
われはいついづこへ還る鳥雲に  木村風師


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。