一句佳日 

一日一句、シンプルに「俳句」を鑑賞して頂くだけのブログです。
その日の自作の一句と、「お気に入りの句」を併載しています。

写真は一部以外、Webから拝借しています。

耕畝忌


耕畝忌の北を指さない古磁石

今月11日は種田山頭火の忌日であった。法名を耕畝。
なぜ、五七五の音律の約束もない、季語さえもない
山頭火の句が、現在においてもこれほどの人気なのか。
孤独とか悲しみとか人の本質的な感情を素直に詠んだ句、
自由な放浪の旅、自然の中での暮らし、そのような生き
ようが、共感されているのであろう。私たちは山頭火の
句を、俳句というより詩として読んでいるのだ・・


草の中に寝てゐたのか波の音   山頭火



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。