一句佳日 

一日一句、シンプルに「俳句」を鑑賞して頂くだけのブログです。
その日の自作の一句と、「お気に入りの句」を併載しています。

写真は一部以外、Webから拝借しています。


凩の故郷の墓に垣はなく

季語は「凩」、「木枯」。冬の到来を告げる強い北風。
乾いた木の葉を吹き落とし、木を枯らす風という意味
から木枯しといった。「木枯」はぶるっと震える身体的
感覚もさることながら、これから迎える冬の厳しさに
対する心理的な緊張感、孤独感の方により大きな比重が
かかっている。
 
凩やかの世のひとを呼べといふ  猪又信之

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。