一句佳日 

一日一句、シンプルに「俳句」を鑑賞して頂きたいだけのブログです。
その日の自作の一句と、「お気に入りの句」を併載しています。

写真は一部以外、Webから拝借しています。

春愁


春愁や爪のとどかぬ背に痒み
 
歳時記による「春愁」とは、ふっと物思いにふけたりする軽い
ぼんやりとした憂鬱な感覚、春だからこそ感じるそこはかとない
愁い、哀しみをいう。俳人は、何に「春愁」を感じたか
おほき髪、人のそしり、冷めた茶、石の犬、孔雀、大阪の灯、
台本、などなど・・   
       
春愁や一升びんの肩やさし  原子公平


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。