一句佳日 

一日一句、シンプルに「俳句」を鑑賞して頂くだけのブログです。
その日の自作の一句と、「お気に入りの句」を併載しています。

写真は一部以外、Webから拝借しています。

春の夢


春の夢開けてしまひし玉手箱

春の夢は、夢とうつつの境がいまひとつ判然としない。平たく
言えば、寝ぼけ状態が他の季節よりも長いので、夢だったのかと
納得するのに、多少時間がかかるというわけだ。
「春の夢」なる季語があるくらいで、この季節の心地よい睡眠は
また夢の温床でもあるらしい。
 
春の夢みてゐて瞼ぬれにけり      三橋鷹女
 

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。