一句佳日 

一日一句、シンプルに「俳句」を鑑賞して頂きたいだけのブログです。
その日の自作の一句と、「お気に入りの句」を併載しています。

写真は一部以外、Webから拝借しています。

日永


ジーパンを束子で擦る子の日永
 
年間で一番昼間の時間が長いのは夏至だが、俳句では「日永」を
春の季語としている。それは、ゆったりとした春の日の実感から
きたものだろう。
ちなみに、夏は夜に焦点を移して「短夜」という季語を使うが、
このあたりの微妙な感覚は、日本人ならのものであると思う。
 
晩年もなほ日永にて摘む蓬  中村苑子


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。