一句佳日 

一日一句、シンプルに「俳句」を鑑賞して頂きたいだけのブログです。
その日の自作の一句と、「お気に入りの句」を併載しています。

写真は一部以外、Webから拝借しています。

山桜桃の花


赤子泣くゆすらの梅の花の白
 
季語は「山桜桃の花(ゆすらのはな)」バラ科の落葉低木で
花が梅に似ているところから、ゆすら梅ともよばれる。
葉とともに白色、または淡紅色の小さな五弁花を開花させる。
6月頃に光沢のある赤い実をつけ、そうなると「山桜桃の実」、
夏の季語になる。


一人居の時の長さよゆすらうめ  細見綾子


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。