一句佳日 

一日一句、シンプルに「俳句」を鑑賞して頂くだけのブログです。
その日の自作の一句と、「お気に入りの句」を併載しています。

写真は一部以外、Webから拝借しています。

麻のれん


甘味屋の男のくぐる麻のれん

季語は「麻暖簾」で夏暖簾の子季語である。
暖簾だけでは季語にはならず、春暖簾、秋暖簾、冬暖簾の
季語もない。のれんの目的として、「夏期」に涼しさを
演出するため、また涼を求めるために開け放った部屋と
廊下の仕切りなどに下げるシーンをイメージしている。


一徹を通す蕎麦屋の夏暖簾  内藤洪基


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。