一句佳日 

一日一句、シンプルに「俳句」を鑑賞して頂くだけのブログです。
その日の自作の一句と、「お気に入りの句」を併載しています。

写真は一部以外、Webから拝借しています。

新茶


父の歳とうに追ひ越し新茶古茶

くちびるに夏欲しければ新茶飲む  小迫倫子
 
こういう句がある。これまでは、茶は「汲む」ものであり、
「飲む」というような言い方はしなかった。茶には「飲む」
だけではない雰囲気があるので、「汲む」と表現されてきた
ように思う。そんななかで、この句はジュースなどと同じ
「飲み方」をしている。
この句の作者は48歳、もちろん表現に確信があって詠まれて
いるものであると思うが、先輩俳人方はどう思われるのか、
新しい風になるのか・・


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。