一句佳日 

一日一句、シンプルに「俳句」を鑑賞して頂くだけのブログです。
その日の自作の一句と、「お気に入りの句」を併載しています。

写真は一部以外、Webから拝借しています。

麦の秋


村ぢゆうに風の騒めき麦の秋

麦の穂が黄熟し刈り入れをする間際の頃をいう。
歳時記の区分は「時候」の部に入るが、具体的に、風に
乾いた音をたてる黄金の風景や、麦畑の日に光る様子を
背景に、光景として詠まれたりされる。
目に美しく耳にも心地よく、郷愁感漂うものがある。
 
村中が眩しくなりぬ麦の秋   長谷川嘉代子
 

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。